中途採用サイト

先輩社員の声

月収10万円が、今では130万円に!
BIGMOTORドリームは
誰もが叶えられる「現実」です!

営業主任
鈴木 健二朗
2019年入社

転職理由と、この会社に決めた理由

以前は自動車メーカーのライン工場に勤めていましたが、毎日残業をしても一向に給料が上がりませんでした。1年間必死に勤めて、昇給は数千円程度…。その結果、当時の手取りは10数万円。暮らしに困窮していたものの「妻に働かせることはしたくない」という思いがありましたので、思い切って転職を考えました。製造業しか経験がない私でしたが、「自分の努力がしっかりと給料に反映される仕事に就きたい!」という思いから営業職を志望しました。しかし7社受けて結果は全滅。転職活動を続ける中で、僅かだった貯金も底をついてしまい、交通費や毎日の生活費が捻出できなくなって、両親にお金を借りて生活していました。「ここまで落ちたら、人生大逆転するしかない!」そう思い、あれだけ面接で落ち続けたにも関わらず、“年収1,000万円以上の営業職”に絞って職を探しました。もう「不安」とか「心配」とか言っていられる状況ではありませんでしたね。実績もない中、「やってやろう!」という気持ちだけを持って面接に挑んだところ、BIGMOTORの面接官だけが、「それだけやる気があるならきっと大丈夫!一緒に頑張ろう!」と声をかけてくださいました。その時に、面接官の人柄に惚れて、この人の下で働けたら、自分自身が成長できると確信しました。

仕事の感想と、入社してよかった点

今でこそ全国エリアでトップ10の営業成績を達成し続けていますが、実は入社して4ヵ月間はまったく契約が取れず、悔しくて涙を流したこともありました。店長はそんな私に優しい言葉をかけ続け、いつでも気兼ねなく相談させてもらえる深い関係を築いてくださいました。周りの先輩方も、営業トークが上手くできない私に対して、何度ロープレに付き合ってくれたことか…。やがて1つ、また1つと契約が成立するようになり、契約が取れるたびに店長や先輩は私にグータッチをして、喜びを分かち合ってくださいました。
入社前は月に10万円ちょっとの給料で苦しい生活を続けていて、入社後4ヵ月間は契約がまったく取れず悔し涙を流していた私が、毎月130万円ものお給料をいただけるようになるとは思っても見ませんでした。今では値段を気にする事なく、好きなものを好きなタイミングで購入できています。他社の営業職がどんな環境か私にはわかりかねますが、こんなにも温かい環境の中、成長を実感しながら働けて、頑張った分だけしっかりと給与をいただけるのは、BIGMOTORだけではないでしょうか。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

年功序列とか学歴は関係なく、成果を平等かつ正確に評価してくれることは、BIGMOTORならではだと思います。BIGMOTOR で成果を出している人に共通するのは、先輩や上司から学んだことを素直に吸収し、そこからより効率的に営業成績を上げる為のアイデアを自分の頭で考え、何度も試行錯誤を繰り返している事だと思います。私は「成果を出したい!」と考えるのではなく、「成果を出して当然」と捉えて動き、常に学び続ける姿勢を持つことが成功の秘訣だと思います。「成功したい!」と願うのであれば、是非私と一緒にBIGMOTORで働いてみませんか?あなたと一緒に働ける日を心待ちにしています。


応募フォームはこちら